心の不調は間違った生き方への警告

心が辛い時、その辛さを片付けることに注力しがちですよね。


でも、その辛さをなくすことよりも

「本当はどうしたい?」
「どう生きたい?」
「私は何を望んでいるの?」

ということを明確にした方がいいんです。
そして、それに従って行動する。


だって、パニックや強い不安感は、自分の心の声を無視し続けてきた結果だから。
症状は心もしくは意識からの警告です。


だから、症状をなくすことより、どう生きたいかを探った方が得。

もちろん、一概には言えません。
あまりにも症状が辛い場合は、そちらを軽くすることを優先すべき時もあるでしょう。

ただ、自称パニック障害だった私自身を顧みると、大筋は間違ってないと感じます。


ドイツの科学および医療ジャーナリストであり、ハイルプラティカー(日本の臨床心理士のようなもの)が自著の中でこんなことを言っています。

あなたは憧れの人生を生きるために健康になるのではありません。
憧れの人生に向かって一歩を踏み出せば、健康になれるのです!


クラウス・ベルンハルト『敏感過ぎるあなたへ 緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる』(CCCメディアハウス、2018年)より引用


私が心理セラピーを頻繁に受けていた数年前、受け始めの頃は、間近に渡英が迫っていたので、不安をなくすようなセッションを受けていました。

が、しばらくするうちに、不安感はまだまだ大きかったにもかかわらず、「この先どうしたい?どう生きたい?」と自然と主訴が変わっていき、併せて自分の内側が訴えてくることに従って行動するようにもなりました。


だからなのか、症状が軽かったということもあったとは思うけど、パニックからは割と早く抜けたなぁという感覚があるんですよね。



目の前の症状にばかり囚われず、もっと先の未来に目を向けた方がいいというお話しでした。


これが絶対とは言いません。
パニック障害などは、生育歴で培われた不安定な自律神経の波によるところも大きいのでね。


押し殺してきた自分を解放してあげることは、本当の自分が生きたいように生きることにつながると思うんですよね。それが自然だし。


そうそう、病気とまで行かなくても、何らかの不調って不自然な生き方の結果だから。100%とは言わないけど。
心だけじゃなく体の不調もですよ。


自分を押し殺すって不自然極まりないってことですね。
不自然はいずれ破綻する危険性があるってことかな。



何らかの不調を抱えているのであれば、ご自身の内面を探ってみてはいかがでしょうか。 
 

自分でやるのが難しいとお感じであれば、プロの手を借りてみてくださいね。
ご自身に合ったセラピストを見つけるといいと思いますよ。



関連記事
5年後に私はどうなっていたいのか?身体に尋ねてみた

関連メニュー
体に問いかけて自分と一致団結する『トークセッション』
本心を発掘して自分を最高の味方にする『ストレスクリア』


noteで体との対話のセルフワークの過程を書いています。



あなたの心と体の調整をお手伝いする
心理セラピスト 長沼美恵(ながぬまみえ)