「自分」という意識はどこにありますか?ハラに置くと安心感に包まれますよって話し。

3年ほど前、エゴ(自我)が崩壊してサレンダー(降伏)した時に、とてつもない安心感に触れました。

次の瞬間、「自分て、こっちじゃなくてあっちだったんだ」という感覚が腑に落ちました。


この時、「こっち」は自分の体のこと、「あっち」は空間というか全体という感じでした。

以前も書きましたが、自分は雲じゃなくて、実は空(そら)だったんだという感覚です。


私が学んだインテグレイテッド心理学によると、

エゴとは、体と思考、感情に「私」という思いがついたもの

となっています。


このエゴって、どんだけ人を不安にさせてるんだと思います。

崩壊したときの安心感たら言葉では言い尽くせません。



こういう時は、頭での納得じゃなくて体の感覚があります。ここが重要だと思います。


感じた瞬間に、それまで緊張していた体の力が一気に抜けて、ふにゃふにゃの軟体動物のようになってしまったんですから。

心底安心したのだと思います。

(身体の感覚は優れた指針になると思っています。頭より遥かに。)


残念なことに、その感覚はほぼ一瞬の出来事でした。

その日は1日中安心感に包まれていましたけど。


その後、紆余曲折があって、不安ベースではなくなり、安心感とともにいられる自分にはなっています。



そして最近、自分という意識を丹田(恥骨の指2本上辺り)に持っていくと、さらに深い安心感に包まれることに気づきました。

それと、自分は体ではなく全体(宇宙という人もいるかな)なんだという感覚も。


意識の持って行き方に正解はないと思いますが、私は最初小出遥子さんのTANDENメソッドで感覚をつかみました。


超絶簡単に説明すると、

頭にある自分という意識を吐く息とともに丹田まで降ろしていく

という方法です。

音声で指南されているので、ご興味あればぜひ。


小出さんも、「丹田は安心感しかない」「安心感が感じられない時は自分の意識が頭に引っ張られている」とおっしゃっていますが、本当にそのとおりです。


私、TANDENメソッドをやっている最中、あまりの安心感に自然と涙が流れてきて、しばらく止まらないことがありました。


いつものごとく、ニュージーランドに住むチャネラーの妹にも聞いてみました(笑)


彼女の意識は、いつもハラにあるそうです。


安心感云々の話しをしたら、「確かに、何年か前にうつっぽかった時は、意識がいつも頭にあった」と言っていました。


不安になりやすい人は、頭で考え過ぎなんでしょうね。

頭は不安を作り出すことが得意だって聞いたことがあります。


思考は100%ゴミと言っている人もいるくらいですから、ハラを意識して生きていく方が断然お得です。

損得の問題じゃないけど、試してみても全く損はないはず。


もちろん、頭を使って考えることも大事です。が、考えても無駄なことをこねくり回すのは時間とエネルギーがもったいないです。



最近の私は、普段から自分という意識をハラに納めるように努めています。気づけばすぐに納められます。

吐く息とともに…はしなくても。忘れて頭にあるときもしばしばですが。


特に、セッションを提供するときは必ずやっています。

私自身が安心感に包まれて気持ち良くいられるのでね。


これ、提供する上で大事なことじゃないでしょうか。あり方というか…。

えーっと、精進します。



あなたの心と体の調整をお手伝いする

ゆんわりタッチとストレスクリア


長沼美恵(ながぬまみえ)